あなたの財産を守る、活かす、遺す。北九州市で家族信託なら橋本裕教司法書士事務所

家族信託〜あたらしい財産管理・財産承継のかたち〜

家族信託という言葉を聞いたことはありますか? そもそも信託とは自分の財産を信頼できる人に託して、その人に財産の管理・運用してもらうという財産管理のための枠組みです。ただ信託の機能は財産管理にとどまりません。信託はその枠組みの中で託した財産を自分が望む人に与えることができるという財産承継の機能も併せ持つものです。 この信託が、新しい信託法の成立によって、一般の人にも大きく門戸が開かれ、家族信託として幅広く活用することが認められるようになったのです。ここでの家族信託のプレイヤーは信託銀行や信託会社といったプロではありません。私たちの身近にいる配偶者、子供たち、兄弟姉妹、甥姪といった信頼できる家族です。家族信託とは、これらの私たちの身近にいて最も信頼できる家族に私たちの財産を託して、家族のためにその財産を守り、活かし、遺してもらうための仕組みといえます。 この家族信託は柔軟な設計を可能とし、財産を託す人の想いを実現するのに非常に長けた制度です。ー分の老後に不安がある方、高齢の配偶者や障害をもった子供の将来に不安がある方、事業承継に不安を感じる経営者の方、ざν不動産の管理など財産管理に悩みのある方、ニ瓦なった後の自分の財産がどうなるか不安に感じている方、家族信託があなたの悩みを解決する一助となります。

このようなお悩みには「家族信託」の利用をご検討ください

<不動産管理型信託>

‐来の不動産の売却手続きを家族に任せておきたい。⇒事例1へ
賃貸アパートの管理を子どもに任せたい。⇒事例2へ
6ν不動産の管理を簡単にしたい。⇒事例3へ

<家産承継型信託>

で朸者の親族側に財産が承継されると困る。⇒事例4へ
ト僂錣靴ち蠡骸蠡海魏麋鬚靴燭ぁ⇒事例5へ
α蠡該盪困旅餮傍属を回避したい。⇒事例6へ

<福祉型信託>

Щ笋亡くなった後の、残された認知症の妻の生活が心配。⇒事例7へ
┸橡瓦後の知的障害のある子供の財産管理が不安。⇒事例6へ
浪費家の息子がおり、財産を相続させてもすぐに浪費してしまうかも。⇒事例8へ

<事業承継型信託>

円滑な事業承継をすすめたい。⇒事例5へ

当事務所の家族信託への取り組み

当事務所は、家族信託のノウハウの蓄積と情報提供を通じて家族信託の積極的な活用・普及に取り組んでいます。家族信託のみならず遺言、成年後見制度など従来から隣接制度の活用も含めて多面的に検討して、お客様のニーズに最も適する課題解決方法を提案していきます。

家族信託に対する誤解について

_搬何託は信託銀行とか投資信託とかとは関係がありません。
>もちろん基本は同じ信託ですが、信託銀行や投資信託などのように運用や投資を目的としたものと家族信託は一線を画します。
家族信託はお金持ちのためだけのものではありません。
>信託というとお金持ちのためだけの制度というイメージをもたれがちですが、活用例を読んでいただければわかりますが、決してお金持ちのためだけの制度ではありません。
0貮瑤梁臈垰圓世韻力辰任呂△蠅泙擦鵝むしろ地方でこそ活用してほしい制度です。
>空き家問題や不動産市況の厳しい地方でこそ、家族信託を利用してなんとか上手く不動産の管理ができないか知恵を絞る必要があるはずです。

事務所