北九州市戸畑区で不動産登記・相続・法人登記・成年後見・債務整理等の法律相談なら橋本裕教司法書士事務所

成年後見

老後のサポートを誰にしてもらうかというお悩みを解決するための成年後見について法律相談なら、福岡県北九州市戸畑区の橋本裕教司法書士事務所にお任せください。

 高齢者等の支援のために

成年後見制度は判断能力が低下した高齢者等を支援するために家庭裁判所が選任した成年後見人が本人に代わって財産を管理し、本人に必要な生活・介護・医療に関する契約などを行っていくというものです。  自分の周りにそのような支援を必要とされている方がいらっしゃるのであればお気軽にご相談下さい。また福祉関係者・施設関係者の方からのご相談・制度に関するご質問にもお答えします。お気軽にお問い合わせ下さい。

 このような場合はご相談ください

・認知症の親の施設費の支払いのために親の定期預金を解約する必要がある
・遺産分割をする予定だが、親が認知症になっていて遺産分割協議ができない
・知的障がいの子供がいるのだが、もし自分に何かあった場合どうなるか心配
・今のところ大丈夫だが、将来的に判断能力が衰えてきた時が不安
そのようなお悩みがございましたら、一度、お気軽にお問い合わせください。

 法定後見

判断能力が低下した高齢者等を支援するため、後見人が本人に代わって本人の財産を管理し、本人に必要な生活・介護・医療に関する契約などを行っていきます。本人の状態に応じて補助的な支援で足りるか、全面的な支援まで必要か変わってくることになります。後見人には親族が就任する場合もあれば第三者である司法書士・弁護士が就任することもできます。いずれにしてもこの制度の利用には本人の居所の家庭裁判所に申立てを行う必要があります。当事務所では成年後年の申立てを全面的にサポートします。

 任意後見

法定後見が判断能力が低下してしまった人を支援する制度であるのに対して、任意後見は自分の判断能力がしっかりしている間に自分の信頼できる人に自分の判断能力が衰えた際の財産管理や生活支援をあらかじめ契約して頼んでおくという制度です。法定後見が本人の判断能力が衰えた場合にやむなく申立てるのに対して、任意後見は自分の希望をあらかじめ契約相手に伝えることで、判断能力が衰えた後もその希望に沿った形での支援をすることが可能になります。この制度を利用するにあたっては自分を支援してくれる人と任意後見契約を締結しておく必要があります。支援してくれる人がいない場合でも司法書士・弁護士といった専門職に依頼することも可能です。自分の将来に不安を感じていらっしゃる方は是非一度この制度の利用をご検討下さい。当事務所でも全面的にサポートします。